祖母の死

祖母と祖父は中学校の時に生まれ故郷の九州に帰っていった。

それきり約15年も一度も会いに行ったことは無かったのだけど、上京する直前の夏、急に会いたくなったんだよね。

名古屋から新幹線に乗って小倉迄。

そこから在来線に乗り換え45分程、北九州の片田舎に会いに行ったのを思い出す。

当時祖母は糖尿病を患っており、脚が不自由になってはいたけどまだ元気だった。

祖父に至っては昔ハゲてたのに、水が合うのかなぜか黒髪ふさふさになっててマジでビックリしたし(笑)

たぶん虫の知らせだったんだろうなぁ。

そこから約半年後訃報が届いた。

それが天王洲店でヘルプしてた頃。

祖母の死で思い出すのは、元気に看病していた祖父もその半年後に後を追うように他界したこと。

よく言われるけど、男は先に嫁さんに旅立たれると追いかけるようにすぐ逝ってしまうんだなぁ。

コロナの影響で墓参りも全然いけてないので落ち着いたら、また行きたいな。

こころと体が癒される…
極上のアロマオイルトリートメント
出張サロン りらくりあのホームページはこちら!

女性の遊び場情報!「@小悪魔」にも掲載中です!
お得な割引情報も掲載中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

お花見