お店で実際にあった怖い話(物理編)

前回の怖い話と違って、今回は物理的に怖い話。

当時勤めていたお店は地下街のテナントで、お店の入り口に扉がなくオープンなお店でした。

お店が混雑している日曜日、恐怖は突然襲ってきました。

スタッフも全員施術に入って、受付のフロントが無人になっていたのですが


突然、大柄の男性がすごい勢いで店内に入って来たのです。

私もスタッフも目が点になって、その男性に視線を送ります。

え?なに?

全く頭が付いていかない状況。

するとその男性はウーウーと大きい声でうめきながら、マッサージを受けているお客様の側に寄ると
突然力任せに、お客様が掛けているタオルを剥ぎ取ったのです!

その光景を見ていた私。そう、店長。

しかも店内に男性は一人。

自分が止めるしかないのか…

ざっくばらんに言わせていただくと、相手は俗にいう知的障碍者。

会話が成立しそうにもないし、突然力任せにお客様やスタッフ、自分に襲い掛かる可能性もある。

しかし考えていても仕方ない。一刻も早く暴走を止めなくては…

自分が施術しているお客様に「少々お待ちください」と、伝え立ち上がる。

急いで暴れている男性の前へ行き、こちらもやや大声でまくしたてる

「何してるんですか!やめてください!」

大声でまくしたてたつもりだったけど、たぶん声は震えていたと思う(笑)

しかし、相手の反応はない。

じっと私の顔を見てくる。

うぅ…、怖い…

と、次の瞬間、突然奇声を上げて走り出す男。

店の奥に行かれたら困るので、奥への通路にブロックに入ると、男は入口の方へ猛ダッシュ。

そのまま凄い勢いで地下街へと消えていきました…

しかし、本当にお客様やスタッフに危害が無くて良かった!
お店に突然乱入されたのは後にも先にもこの時だけ。

とてもレアな怖い話でした…

こころと体が癒される…
極上のアロマオイルトリートメント
出張サロン りらくりあのホームページはこちら!

女性の遊び場情報!「@小悪魔」にも掲載中です!
 お得な割引情報も掲載中!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です